映画『アヒルと鴨のコインロッカー』レビュー ★★★

出典元:https://www.amazon.co.jp/

あらすじ

 新しい大学生活のスタートを送るため、仙台のアパートへ引っ越してきた新入生の椎名。

隣人への挨拶もそこそこに、ボブ・ディランの「風に吹かれて」を口ずさみながら、引越しのダンボールを片づけていた。

 そこへ後ろから不意に声を掛けてきた男がいた。

男は隣の部屋の住人で、川崎と名乗り、気さくに椎名を自分の部屋に招待してくれたが、そこで川崎は突然自分と一緒に本屋を襲わないかと持ちかけてきた・・・。

作品データ

  • 製作年/製作国/上映時間:2006年/日本/110分
  • キャスト:濱田岳/瑛太/関めぐみ/大塚寧々
  • 監督・脚本:中村義洋
  • 原作:伊坂幸太郎
  • 音楽:菊池幸夫

レビュー

 人気作家伊阪幸太郎の同名小説を映画化した『アヒルと鴨のコインロッカー』を観る。
本作は評価も高いがファンがとても多い作品で、邦画のランキングでも上位でよく見かける映画だった。

ただ私も時々この意味不明のタイトルが気になってはいたが、邦画をあまり好んで見ないことからずっと見る機会がなく、今回はたまには邦画でもと探していたところ、偶然見つけて見ることに。

 気の弱い主人公の、初めての一人暮らしというほのぼのとしたオープニングから、偶然隣り合わせることになったアパートの部屋の住人に、突然本屋襲撃の手伝いをさせられるという、謎だらけだかどこかゆるい笑いに包まれた前半。

 これは絶対にコメディ作品と思わせといての、後半急展開の謎めいたシリアスな展開まで、飽きることなく一気に見せる。

 後半のストーリーについては見る前に分かってしまうと、作品自体の魅力が半減してしまうので詳しくは書かないけど、なるほど~、そういうことねえっと感心させられる仕掛けがあり、ラストには前半からはまったく予想出来ない程の、胸が締め付けられるような切なさが心を包む。

ただ多分に好みの問題だと思うんだけど、前半のゆるい雰囲気を退屈と感じる人もいるだろうけど、私はこの前半の部分が大好きで、なんならあのまま突っ走って欲しかったぐらい。

そしてむしろ評価されることの多い後半の、伏線が絶妙に効いてくる巧みな展開の部分が、あまりにもドラマチックにするための無理やり感と、えげつなさが生理的に苦手だった。

たとえば動物虐待とかの殺伐としたエピソードはホントに必要だったのかなんて。
なんとかボブ・ディランの歌で、切なさは保っているけど、どうもねえ・・・。

 キャスティングについては登場人物は少ないが、まさにはまり役だった主人公の濱田岳をはじめ、瑛太大塚寧々とさすがの実力を発揮していたが、ある意味肝心の松田龍平の役が、いまひとつ魅力が感じられなかったのが惜しい。

まあ松田龍平については、ほとんどが絶賛されているレビューばかりなんで、これも好みの問題なんだけど(笑)



【ネタバレあり】






 ネタばれ全開にになるんでまだ見てない人はここからは読まないで欲しいんだけど、ラストについてどうしても一言。

原作は読んでないので分からないけど、ラストが映画とはちょっと違うらしい。

ただこの変えられたラストで私が感じたことは、あの牛タンを食って居眠りしてしまう椎名のノー天気な終わり方ってどうなんだろうって思った。

主人公は隣人の過酷な過去を知ってなお、あのラストの行動でしかしてあげることができなかったという、自分の無力を痛烈に感じるという、ほろ苦いラストで良かったんじゃないかな。

なんでまた最初のほのぼのに戻しちゃったんだろう。

あそこではじめてこのタイトルが効いてくるんだと思うんだけどなあ。
なんて偉そうに語ってしまったけど、んん~、原作はどうなんだろうなあ。

 これだけ人気がある作品なので、自分がまだ発見しきれてない魅力があるみたいに思えて2回見たんだけど、どうにも消化不良で終わってしまったことがもどかしい(^^;) 

Amazonで『アヒルと鴨のコインロッカー』を観る

Prime video

Amazon.co.jp: アヒルと鴨のコインロッカーを観る | Prime Video
大学入学のために単身仙台に引っ越してきた19歳の椎名(濱田岳)はアパートに引っ越してきたその日、奇妙な隣人・河崎(瑛太)に出会う。彼は初対面だというのにいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてき...

Blu-ray

Amazon | アヒルと鴨のコインロッカー [DVD] | 映画
濱田岳, 瑛太, 関めぐみ, 田村圭生, 関暁夫, 杉山英一郎, 中村義洋, 伊坂幸太郎, 中村義洋, 鈴木謙一, 濱田岳 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発...

コメント

タイトルとURLをコピーしました