映画『キッチン・ストーリー』レビュー ★★★☆

出典元:https://www.amazon.co.jp/

あらすじ

 1950年代初頭、スウェーデンからノルウェーの国境を越えて走ってくる、トレーラーを引いたボルボの一団。
彼らは新しい家庭用品の開発のために必要な、ノルウェーにおける独身男性の台所の動きを調査するためにやってきた。

それは監視する家にトレーラーを横付けにし、24時間監視するものだったが、規則として調査員は相手の生活を乱さないように、一切の会話を禁じられていた。

そんな中、調査員フォルケは家からまったく顔も出さない農夫のイザックに、中にも入れてもらえず始まらない調査に困り果てていた・・・。

作品データ

  • 製作年/製作国/上映時間: 2003年/ノルウェー/95分
  • 監督:ベント・ハーメル
  • 脚本:ベント・ハーメル/ヨルゲン・ベリマルク
  • 音楽:ハンス・マティーセン
  • キャスト:ヨアキム・カルメイヤー/トーマス・ノールシュトローム/レイネ・ブリノルフソン/ビョルン・フロベリー

レビュー

 “ゆっくり、ともだち。”

 2003年欧州で絶賛され、各映画賞を受賞したノルウェー発のハートフル・ムービー『キッチン・ストーリー』を観る。

 スウェーデンの調査員フォルケとノルウェーの農夫イザックが、国を超えて友情をまさしくユックリと育んでいく物語。
お互いの優しさに触れ、少しずつ心を開いていく二人の姿が微笑ましく、次第に心が温かくなっていく。

 この作品で感じることは、人は誰でも心のぬくもりを渇望し続ける寂しがりやであり、心とはほんの小さな優しさに触れるだけで満たされていくもの。
そして日々何かから監視され、抑制を受け続ける現代人に、この作品は豊かな人生を送るために本当に必要なものを、さりげなくそしてシンプルに描いていく。

まさに理想の生き方であるスローライフな世界がここにある。

まるで本当の調査員と年老いた農夫のように、キャスティングされた二人の俳優が役柄にぴったりであり、ワンカットで誕生日を祝う長回しのシーンをはじめ、抜群の空気感を醸し出す完璧な演技が素晴らしかった。

控えめで騒々しくなく、ただ優しい空気だけが画面を通して伝わってくるところは、大きな動きも事件もなく、人によっては退屈と感じる方もいるだろうけど、私は好きなんだなあ。
また予告編にもあるように、チョコレートを食べたり、ネズミ捕りに指を挟んじゃうシーンなど、ところどころに入るクスッと笑えるところもいい。

 監督の卓越した演出力により、心地よい心の温もりを感じつつ物語は進み、完璧なラストを迎えるんだけど、この出来過ぎなラストに私は不満が残る。
この完璧なラストのために唐突に起こることが、いかにもであり無理やり的で、あざとさを感じちょっと醒めちゃいました、残念。
それまでが凄く良かっただけに、私的には大きくマイナスです。

それでも見終わった後はしばらくあったか~い気持で、いい映画を観たという満足感に浸っていました(^^)

Amazonで『キッチン・ストーリー』を観る

Prime video

このレビューをアップした時点で、残念ながらPrime videoでは配信されていません。(2022/08/06)

DVD/Blu-ray

Amazon.co.jp: キッチン・ストーリー ベント・ハーメル: DVD
DVD の優れたセレクションでオンラインショッピング。

コメント

タイトルとURLをコピーしました