映画『人生に乾杯!』レビュー ★★★

出典元:https://www.amazon.co.jp/

あらすじ

 1950年代後半、運命的な出会いによって結ばれたエミル(エミル・ケレシュ)とヘディ(テリ・フェルディ)も、今や81歳と70歳となっていた。

集合住宅に年金で細々と暮らしている中で、電気代も払えない生活に、いつしか二人の間にも隙間風も吹き始め、さらに追い討ちを掛けるように、借金取りにも追われる日々が続いていた。

そしてついに、二人の思い出の品であり、ヘディの最後の誇りだったダイヤモンドのイヤリングを、借金のカタに手放す日がやってくる。

 その夜、ベッドから起き出したエミルは意を決して、愛車チャイカで一人走り出し、郵便局へ強盗に入ってしまう・・・。

作品データ

  • 製作年/製作国/上映時間:2007年/ハンガリー/107分
  • 監督:ガーボル・ロホニ
  • 脚本:バラージュ・ロヴァシュ
  • 音楽:カーボル・マダラース
  • キャスト:エミル・ケレシュ/テリ・フェルディ/ユーディト・シェル/ゾルターン・シュミエド 

レビュー

 “ふたりなら、きっと明日を変えられる。”

 おじいちゃんとおばあちゃんが銀行強盗をしちゃうという、ハンガリー発のとんでもハートフル・ムービー『人生に乾杯! 』を観る。

 見る前は貧しさから老夫婦が銀行強盗をしてしまうという、高齢化社会へ向けてあまりにも厳しい決断をさせる、未来に希望を見出せない世相を映す、ハートフルだけど切ない作品だと思ってた。
だいたい銀行強盗をする映画は、ろくなラストが用意されてないしねえ。

でも本作は笑顔を取り戻していく二人と、それを追いかける刑事達のどん臭さをはじめ、終始ゆるい展開に、次第に二人を微笑ましく見つめ、やさしい気持ちで満たされていく。

エミルの運転するチャイカの助手席で、窓を開け気持ち良さそうに風を感じるヘディ。
素敵なシーンでした。
特にこのヘディ役を演じたテリ・フェルディの、貧しさの中にも凛とした気品と強さを感じさせる演技は、とても印象的だった。

 ただねえ~、やっぱり幸せを掴み取るために犯罪を起こすっていうのは、どうも後味が悪く、その盗んだお金で豪遊する姿は見ていて複雑な気分になってしまう。

乾ききった二人の間に、再びお互いを思いやる気持ちがよみがえってくるというストーリーは素敵なんだけど、なにせ元凶もお金であり、そのすべてを解決するのもお金なんて、人生の重みっていうかあまりにも安っぽ過ぎなんじゃないかなあ。

 まあそこにハンガリーという国の、高齢者に対する厳しい現状があるんだろうけど、私はやっぱり「クリスマス・キャロル」のように、人生お金だけじゃないんだよってテーマのほうが、好きだなあ。

 ラストはやっぱりそういうことになるでしょ~、なんて思ったんだけど、これがこれが・・・(^^)

 邦題の銀行強盗をして乾杯はないだろうって思ったんだけど、原題はロシア語で「おしまい」っていう意味を考えると、このラストももっとまっとうな「おしまい」を迎えられるような、弱者にも優しい素敵な世の中にして欲しいっていうメッセージが感じさせる、こちらの方が断然いい。

この邦題、またまたやっちゃいましたか~(^^)

Amazonで『人生に乾杯!』を観る

Prime video

このレビューをアップした時点で、残念ながらPrime videoでは配信されていません。(2022/08/06)

DVD/Blu-ray

Amazon.co.jp: 映画 人生に乾杯 ガーボル・ロホニ: DVD
DVD の優れたセレクションでオンラインショッピング。

コメント

タイトルとURLをコピーしました