映画『ペネロピ』レビュー ★★★★

出典元:https://www.amazon.co.jp/

あらすじ

 ウィルハーン家の先祖にかけられた魔女の呪いにより、ペネロピは鼻と耳が豚になって生まれる。
魔女が叫ぶ「その呪いを解くにはお前達の仲間(名家)が、娘に永遠の愛を誓うこと」と。

母ジェシカはペネロピを大衆の目から守るため、死んだことにし、家から外に一歩も出さないようにして育てていく。

やがてペネロピが成長し年頃になると、ジェシカは呪いを解くために名家の子息達と見合いをさせるが、彼女の素顔を見ると誰もが逃げ出してしまった。

そんなある日スクープを狙っていた記者に雇われて、マックスという青年が見合いにやってくる・・・。

作品データ

  • 製作年/製作国/上映時間:2006年/イギリス・アメリカ/101分
  • 監督:マーク・ポランスキー
  • 脚本:レスリー・ケイヴニー
  • 音楽:ジョビィ・タルボット
  • キャスト:クリスティーナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/リース・ウィザースプーン

レビュー

 リース・ウィザースプーン製作で話題となったファンタジー・ラブストーリー『ペネロピ』を観る。
まず豚の鼻と耳を持ったヒロインが真実の愛を掴むっていう、「美女と野獣」の逆バージョンみたいなイメージなんだけど、ちょっと純愛コテコテで私にはきついかなと思った。

ただジャケットの写真からそんなハッピーエンドを予感させない暗さと、アートっぽいデザインが気に入り観ることに。

 予告編も写真も事前に何も見ていなかったので、ペネロピの顔が画面に現れたとき、これはちょっとやりすぎじゃないか?と思わず引いてしまう。
それが物語が進むにつれてどんどん可愛くなっていくから不思議。

出典元:https://www.amazon.co.jp/

見る前は、どうせ愛の力によってペネロピの呪いが解き放たれるんだよね、みたいに思ってた。
でもここがこの作品が他と違うところなんだけど、その呪いを解くのは、恋人でもないしましてや親でもない。
そうペネロピ自身が自分の力で呪いを解いてしまうのだ。

 映画の中でこの豚の鼻はコンプレックスの象徴として描かれ、自信を持てずにせっかくの人生を臆病に生きている人たちに、ありのままの自分を受け入れ、一歩前に進んでみようよというメッセージを、この作品は強く投げかけてくる。

昨日見た見慣れた景色が、明日になればキラキラと輝きだしそうな、そんな気持ちにさせてくれる作品だった。
そう、自分の人生、ど~んとど真ん中歩いていこうよ!

グロテスクでもなくキュートでもない絶妙なバランスの付け豚鼻といい、ペネロピの部屋のアーティスティックなところといい、美術さんがいい仕事してます。

 そして豚鼻を付けてなおぴったりの丸顔がキュートなクリスティーナ・リッチと、くたびれ加減と優しさを絶妙に醸し出すジェームズ・マカヴォイの二人も、見ていて新鮮で素直に祝福したくなるカップルになっていた。

出典元:https://www.amazon.co.jp/

クリスティーナ・リッチはこの映画のプロモーションで来日しており、この時の映像がDVDの特典の中に収録されているんだけど、映画とまったく違う別人のような美しさにビックリしてしまった。

あの「アダムス・ファミリー」の女の子がここまで美しくなるとは。
あまりの美しさに、この作品のメッセージがちょっと薄くなっていくのを感じてしまった(笑)

Amazonで『ペネロピ』を観る

Prime video

このレビューをアップした時点で、残念ながらPrime videoでは配信されていません。(2022/08/16)

DVD/Blu-ray

Bitly

コメント

タイトルとURLをコピーしました