映画『ウォッチメン』レビュー ★★☆

出典元:https://www.amazon.co.jp/

あらすじ

 時代は1985年、世界はアメリカとソ連の対立によって、人類は核戦争が始まるギリギリの瀬戸際に立たされていた。

そんな時一人の元ヒーローが、何者かにより殺されてしまう。
なぜウォッチメンが狙われたのか、“顔のない男”ロールシャッハは、事件の謎を追うが・・・。

作品データ

  • 製作年/製作国/上映時間:2009年/アメリカ/163分
  • 監督:ザック・スナイダー
  • 脚本:デヴィッド・ヘイター/アレックス・ツェー
  • 原作:デイブ・ギボンズ
  • 音楽:タイラー・ベイツ
  • キャスト:ジャッキー・アール・ヘイリー/パトリック・ウィルソン/ビリー・クラダップ/マリン・アッカーマン/マシュー・グード

レビュー

 「ダークナイト」と並ぶダークヒーローものとして話題となった『ウォッチメン』を観る。
予告編の雰囲気は暗く、明らかに今までのコミック・ヒーローと違う空気を醸し出していた。

さらにこのジャンルでは珍しいR-15指定だったり、濃厚なラブシーンが入ってたりと、早くから話題がてんこ盛りだったが、どうにも良くないレビューを観る前からたくさん目にしてしまった。
ただまあ面白くないんだろうなあ、なんて見てたら意外に良かった、何てこともたまにあるから・・・(^^;)

 まず原作がアメ・コミということで、コミックヒーローらしく冒頭で戦うシーンがあるんだけど、コミック・ヒーローものとしては異色の謎に包まれたオープニングということで、かなり期待が膨らむ。

ただそれ以降カッコいいアクションシーンを期待していると、いつまでたってもそんなシーンは出てこず、軽く淡い期待はしぼんでいき、すぐに睡魔との闘いとなったため、これはちょっとやばいんじゃないかと1時間くらいで休憩に入ることに。
なんとこの映画163分もあるんだよね。

 気を取り直して再開させると、やっとミュータントのような青く光る男が出てきたり、派手なコスチュームに身を包んだ女性ヒーローやバットマンもどきのスーツを着たヒーローが現われ、最初に元ヒーローを殺した犯人探しなんかのサスペンスも加わりちょっと面白くなる。

出典元:https://www.amazon.co.jp/

ただ期待してたアクションシーンがどれもも地味というか、これ程見るものがないアクションシーンも珍しいってくらい迫力がなく、オリジナリティーもない。

複雑なストーリーに、ラストで突きつけられる人類への辛辣なメッセージも含め、全体的にアダルトな仕上がりになっているが、まあ面白くない(笑)

また予告編で驚愕のビジュアルワールドと謳っていたが、紅一点のシルク・スペクターのコスチュームの黄色と黒のコントラストが鮮やかで美しかった以外、ただただ夜のシーンばかりで暗かった。

 致命的なところはたくさん出てくるヒーロー達の誰一人にも惹かれるものがないということ。
いやいや、どんな映画にもどこかいいところがあるはず。
そうそう、マスクをかぶったロールシャッハというヒーローが脱獄する時、ギャングのボス?をトイレで始末するシーンが良かった。
あのトイレの扉が揺れてその隙間の瞬間だけチラチラと覗くシーンのもどかしいこと。
あと実業家に転進したヒーローが、暗殺者の銃撃をかわして殴り倒すシーンの切れのいい動きも良かったな。

 見終わった後の後味の悪さの中で思ったことは、ヒーローのコスチュームのカッコいいと、仮装大会並みのチープさは紙一重なんだなあということ。

ウォッチメンが一同にそろって記念撮影をした時の、あのシーンに象徴されるように、とにかくこれはちょっと違うんじゃないかっていう違和感に、最後までこのダークな世界に乗り切れなかった、残念。

Amazonで『ウォッチメン』を観る

Prime video

ウォッチメン (字幕版)
世界を揺るがす事件の陰には“監視者”がいた。ウォッチメンと呼ばれた彼らが今、次々と消されていく。闇に隠された想像を絶する巨大な陰謀。真実の先に待ち受けるものとは―

DVD/Blu-ray

https://amzn.to/3GTDqnz

コメント

タイトルとURLをコピーしました