映画『リメンバー・ミー』レビュー ★★★

出典元:https://www.amazon.co.jp/

あらすじ

 メキシコのとある町、先祖代々受け継がれた靴屋さんで、みんなに愛されて育つミゲル。
ミゲルは同郷の伝説のミュージシャンであるデラクルスに憧れ、同じようにミュージシャンになる夢を抱いていた。

ただ一族の掟で、音楽は歌うことも聞くことも禁止されていた。
そして年に一度、先祖の霊が返ってくるという「死者の日」、町で音楽のコンテストが開催されることを知ったミゲルは、家族にばれないように出場しようと決意する。
しかし反対するおばあさんにことがばれてしまい、ギターを壊されてしまう。

それでもあきらめきれないミゲルは、デラクルスの霊廟に飾られているるギターを借りようと忍び込む。
そしてギターを手にした嬉しさのあまり、勢いよく弾いた瞬間、体をすり抜けたり、目の前を歩き回る大勢の骸骨が見えるようになる・・・。

作品データ

  • 製作年/製作国/上映時間:2017年/アメリカ/105分
  • キャスト:アンソニー・ゴンザレス/ガエル・ガルシア・ベルナル/アラナ・ユーバック/ベンジャミン・ブラット
  • 監督:リー・アンクリッチ

レビュー

“それは、時を越えて
 家族をつなぐ、奇跡の歌。”

 ピクシーの最新作『リメンバー・ミー』は、予告編をチラッと見ただけなんだけど、死者の世界に迷い込む少年の話という、どこか暗い感じのするアニメだったのでずっとスルーしてた。
でもやっぱり気になり、いろんなところのレビューを見ると凄く良かったので、結局見てみることに。

 死者の世界。そこはモノクロの景色でもなく、お花畑でもなく、まさかの様々な色と光が溢れる、鮮やかできらびやかな世界。
メキシコに実在するある街をモデルにしているらしいが、日本人がイメージする死者の世界と明らかに違うその美しさにうっとり。

魂の筈の死者の姿が骸骨だったり、現世と同じような世界で、楽しく過ごしているご先祖様たちっていうのも、なんだかラテン系だよねえ。
観る前にイメージしていた暗さは見事に裏切られた。

素敵な歌も含め全編通して明るく、優しさに溢れた作品だった。
そしてラストは見事に、あったか~い涙を流させてくれます。

出典元:https://www.amazon.co.jp/

歌といえば、私は吹き替え版で観たんだけど、ヘクターが藤木直人さんでママ・イメルダが松雪康子さんだったんですねえ。
吹き替えは声優にやってほしい派なんだけど、二人の声がかえって新鮮に聞こえてきて、歌も含めなかなかのできでした。

それからやっぱり主題歌の「リメンバー・ミー」が、とっても優しく癒やされる曲で、今でも時々聞いています♪

 家族の物語だけど、家族に限らず誰かを大切に想うことの素晴らしさを、誰かに大切に想われることの喜びをしみじみと感じさせてくれた。

身の回りにいる人たちが、愛おしくてしょうがなくなること必然。
そしてそんなことを想うだけで、また心が温かくなるんだなあ。

ただこの見終わった後の幸福感が徐々に覚めた後、ラストのココ婆ちゃんが両親より年いってる姿とか、現生の姿を憶えている人がいなくなると、第二の死が訪れるといってたのに、ヘクターは・・・。
違ったっけ。うん、もう一回見てみよう^^

Amazonで『リメンバー・ミー』を観る

Prime video

Amazon.co.jp: リメンバー・ミー (吹替版) : 石橋陽彩, 藤木直人, 橋本さとし, 松雪泰子, 磯辺万沙子, 横山だいすけ, 多田野曜平, 佐々木睦, 佐々木睦, チョー, 坂口候一, 坂口候一, 大方斐紗子, 渡辺直美, エイドリアン・モリーナ, マシュー・アルドリッチ, リー・アンクリッチ, ダーラ・K・アンダーソン: Prime Video
家族に音楽を禁じられながらも、ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。ある日、彼はガイコツたちが楽しく暮らす、カラフルで美しい死者の国に迷い込んでしまう。日の出までに帰らないと、ミゲルの体は消え...

DVD/Blu-ray

Amazon.co.jp: リメンバー・ミー ディズニー: DVD
DVD の優れたセレクションでオンラインショッピング。

コメント

タイトルとURLをコピーしました