映画『スリーピー・ホロウ』レビュー ★★★☆

出典元:https://www.amazon.co.jp/

あらすじ

 1799年のアメリカ、ニューヨーク市警の捜査官イカボット(ジョニー・デップ)は、いまだに拷問による自白に頼る犯人逮捕に、科学捜査の導入を説くが受け入れられず、代わりに市長からある事件の捜査を命じられる。

その事件は、郊外にある寒村スリーピー・ホロウで起こった連続殺人事件で、被害者はすべて首を切断されるという異常なものだった。

そして村へやって来たイカボットを待ち受けていたものは、南北戦争で殺戮の限りを尽くした伝説の“首なし騎士”の亡霊だった。

作品データ

  • 製作年/製作国/上映時間:1999年/アメリカ/105分
  • キャスト:ジョニー・デップ/クリスティーナ・リッチ/ミランダ・リチャードソン/マイケル・ガンボン
  • 監督:ティム・バートン

レビュー

 「マーズ・アタック」から3年、鬼才ティム・バートンが、ワシントン・アーヴィングの古典「スリーピー・ホロウの伝説」を、いまやバートン作品にはなくてはならないジョニー・デップを主演に映画化した、ゴシップ・ホラー『スリーピー・ホロウ』を観る。

「シザー・ハンズ」以降ティム・バートの世界に、デップほどマッチした俳優はいない。
本作もデップ以外には考えられないほどのはまり役で、バートンワールドを一緒に奏でる。

 ほとんどモノトーンといえるほどのダークな色彩に、まるで影絵のようなうねった大木や風車のシルエットなど、薄気味悪さとファンタジックが入り混じった風景が、いかにもバートンらしく、改めてこの監督の映像センスの素晴らしさを感じる。
ホラーもバートンの手にかかれば、幻想的なファンタジーへと一変してしまうんだよね。
このバートンの世界観を感じられることに見る喜びがあり、この時点でかなりの満足感を味わえるのだ(^^)

出典元:https://www.amazon.co.jp/

そして顔色の悪いジョニー・デップの、ホラー映画にありえないユーモラスでいて、とらえどころのない不思議系の捜査官と、クラシカルなムードを漂わせるクリスティーナ・リッチの神秘的な美しさが、バートンワールドにピタリとはまる。

思いのほかびびるシーンはないが、ところどころで入るイカボットが見る悪夢がなにより怖い。
「シャイニング」を思わせるあの拷問の棺から飛び出す血しぶきのシーンには、はいっ参りました(笑)

ホラー作品としては物足りないが、それでも程よいサスペンス仕立てと、意外とみせる首なし騎士とのアクションシーンなど、なかなかよく出来た作品だった。
ただ、ザックザックとこれでもかと首をはねる、バートンのサディスティックさもろのシーンの連続には、ちょっと辟易してしまった。

そしてここがミソなんだけど、観終わった後には、あんなに首を切りまくった首なし騎士に、まあ驚きのクリストファー・ウォーケンが演じていたからではないと思うが、同情するというか彼を操った人間のほうが悪くて、かえって人間の方がはるかに怖いという感覚にさせられる。
ここら辺のブラックなところが、怪物を愛してやまないバートンならではってとこなんだろうなあ。

そして最後に思う。
この頃のジョニー・デップから、誰がキャプテン・ジャック・スパロウを想像しただろうか(笑)

Amazonで『スリーピー・ホロウ』を観る

Prime video

https://amzn.to/3QqwyRO

DVD/Blu-ray

Amazon.co.jp: 映画 スリーピー・ホロウ: DVD
DVD の優れたセレクションでオンラインショッピング。

コメント

タイトルとURLをコピーしました