映画『アンコール!!』レビュー ★★★☆

出典元:https://www.amazon.co.jp/

あらすじ

 人付き合いも悪く、いつもしかめっ面の頑固じいさんアーサー72歳。

今日も公民館へ合唱団“年金ズ”の練習をしている妻マリオンを迎えに行く。
仲間たちに囲まれ楽しそうに歌っている妻を、アーサーは一人部屋の外で終わるのを待っている。

病弱なマリオンが、合唱団に入って歌うことを心配していたが、ある日、国際コンクールへのオーディション参加へ向けて練習をしていたマリオンが倒れてしまう。

恐れていたガンが再発し、余命数か月と診断される・・・。

作品データ

  • 製作年/製作国/上映時間:2012年/イギリス/94分
  • 監督:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ
  • 脚本:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ
  • 音楽:ローラ・ロッシ
  • キャスト:テレンス・スタンプ/ヴァネッサ・レッドグレーヴ/ジェマ・アータートン/クリストファー・エクルストン

レビュー

 “歌わにゃいかん 理由ができた。”

 2013年最高の「泣ける」感動作!!という触れ込みで、ネットでもかなりの高評価をうけ、ぴあ初日満足度ランキング第1位というよくわからないものまで獲得した『アンコール!!』を観る。

映画紹介で書かれるあらすじから、ほとんどどんな感じの映画かわかってしまう、いわゆるありがちな映画の印象があり、これまで観る機会がなかったが、偶然見た予告編で速攻Blu-rayを購入した。

まさか予告編でウルウルさせられるとは。

 ストーリーの前半は、倒れてしまったマリオンに懸命に愛情を注ぐアーサーの姿が描かれるんだけど、自分は誰にも理解されなくてもいい、妻にだけわかってもれえれば他は何もいらないと、いじらしいほど献身的に看病するアーサー。

そしてその愛情を優しく受け止め、アーサーに心をゆだねるマリオン。
うらやましいほどの夫婦愛に涙・涙。
マリオンがアーサーに向けて歌う「トゥルー・カラーズ」のシーンでは、もはや画面が見えないくらいの涙大決壊である。

これはダメでしょう(^^;)

 世界中でたった一人、自分のことを理解して愛していてくれた人が、突然いなくなってしまうという喪失感と哀しみは、映画だと分かっていても、見続けることがただ辛いという気分になってしまった。

このままこんなきつい感じで最後まで行かれたら、観るのを止めようと思ってしまったが、後半アーサーが一人になってしまってからが更にいい。
亡き妻のためにも、息子のためにも生き方を変えようとするアーサーと、それを優しくそして温かくサポートする音楽教師と仲間達。

戸惑いながらも新しい第一歩を踏み出すという、ありがちな展開ながら、ここから映画は俄然楽しくなり、輝いていく。

出典元:https://www.amazon.co.jp/

途中、マリオンが歌い上げた後、当然アーサーは温かく迎えると思っていたのにふてくされてしまうシーンがある。
自分のこの頑なな性格のために、妻を長い間幸せに出来ていないと落ち込んじゃってるんだよね。

しかも息子とも上手くいってない。いままで自分は何をやっていたんだろうって。

 予定調和の展開ながら、こういう割り切れない繊細な心理描写が随所に挿入されていて、上手い演出にどんどん引き込まれていった。

加えて、テレンス・スタンプヴァネッサ・レッドグレイヴの名優二人のナチュラルな演技の素晴らしいこと。
テレンス・スタンプと言えば、すぐに「プリシラ」の年配のゲイを思い出すが、年齢を重ねてほんといい顔になってきましたねえ。

 監督のポール・アンドリュー・ウィリアムズが、テーマはアーサーの贖罪だと語っていた。

亡くなった妻のためにも、そして息子や支えてくれた人たちのためにも、ここはカチカチの殻を破って、歌わにゃいかん。

素直に正直に自分の気持ちを相手に伝えてこそ意味がある。

愛情を出し惜しみしちゃあいかんです。

 音楽教師のエリザベスが、アーサーに向かってこう言う。
「生きづらそうな性格ね」
このセリフって、身に染みる人、たくさんいるだろうなあ(^^)

踏み出す勇気さえあれば、もっと楽に生きれる。
もっと人生をエンジョイできる。

観る人に勇気と幸せを感じさせてくれる作品でした。

 ただ私的には、ラストでアーサーが歌った後にコンクールのシーンはすぐ終わっちゃうんだけど、あそこはまたみんなで合唱するシーンで終わってほしかったかな。

まだ一歩踏み出したばかりなんで、これからのアーサーの生き方を暗示させるだけでよかったということか、静かに終わっちゃったんだけど、もうちょっと合唱団のメンバーとの一体感を出してほしかったかも。

映像特典では、マリオンの友達と絡むシーンとかあったんだけどねえ。
まあ、ああいうあっさりした感じもいいかな(^^)

Amazonで『アンコール!!』を観る

Prime video

Amazon.co.jp: アンコール!! (字幕版)を観る | Prime Video
ロンドン。無口で気難しいアーサーは、隣近所でも有名なガンコ者で、息子ともギクシャク。唯一、笑顔を見せるのは、最愛の妻マリオンにだけ。病弱だが陽気なマリオンの趣味は、ロックやポップに挑戦するちょっと変わ...

DVD/Blu-ray

Amazon.co.jp: 映画 アンコール ポール・アンドリュー・ウィリアムズ: DVD
DVD の優れたセレクションでオンラインショッピング。

コメント

タイトルとURLをコピーしました