映画『M:i:III』レビュー ★★★

出典元:https://www.amazon.co.jp/

あらすじ

 既に一線を退き、IMFで新人スパイの育成に勤めるイーサン(トム・クルーズ)は、婚約者のジュリア(ミシェル・モナハン)と幸せな日々を送っていた。

そんなイーサンの元へ新たなミッションの指令が入る。
イーサンが育成の中で、もっとも才能を感じ自信を持って一線へ送り出したリンジー(ケリー・ラッセル)が、ミッション中に敵に捉えられたのだ。

再びミッションに参加することになったイーサンは、激しい銃撃戦の中リンジーを救出するが、彼女の頭に埋め込まれた小型爆弾が作動し命を落としてしまう。

イーサンは再び困難なミッションに挑むことになる・・・。

作品データ

  • 製作年/製作国/上映時間:2006年/アメリカ/126分
  • 監督:J・J・エイブラムス
  • キャスト:トム・クルーズ/フィリップ・シーモア・ホフマン/ヴィング・レイムス/マギー・Q

レビュー

 トム・クルーズ製作&主演の大ヒットシリーズ最新作『M:i:Ⅲ ミッション・インポッシブル3』を観る。
今回も危険なスタントも自らこなし、監督のエイブラムスをハラハラさせたみたいです。
Ⅰ、Ⅱと観ているんだけど、なぜかこのシリーズは、予告編で見せ場のシーンを惜しげもなく披露するんだよねえ。
Ⅰなんかクライマックスのシーンが予告編に入ってたりして(笑)
今回はどうだったのか・・・。

 監督がなかなか決まらず、ファンをヤキモキさせたが、今回も次々と繰り出される限界ぎりぎりのアクションシーンに圧倒される。
スタントの中で、肋骨6本にヒビが入るなど、あくまでもスタントマン無しで挑むことにこだわるトム・クルーズのプロ根性が熱い。
しかし、もはや自身の体を痛めつけることに喜びを感じてるんじゃないかと思えるほど、アクションシーンが痛々しい。
前2作はもう少しスマートでカッコイイ!って感じだったんだけど、これではまるでジャッキー・チェンのようじゃないか。
しかも、戦闘機にミサイル発射で、もはや007と変わらないのでは(笑)

出典元:https://www.amazon.co.jp/

サスペンス色の強かったデ・パルマや、スタイリッシュなアクションを展開したジョン・ウーと比べると、本作はどこか中途半端であったけど、前2作でほとんど語られなかったイーサンの私生活を描いた点は面白かった。

監督が今回はキャラクター中心の映画にしたかったということだったが、今まで任務のためだけに困難なミッションに立ち向かっていたイーサンが、初めて自分のために死に物狂いで敵に立ち向かう姿は、シリーズの中で一番魅力的だったね。

しかし、やはりシリーズも3作目にもなると、不可能を可能にする男が失敗するわけがないという安心感が常にあり、第一作のCIAの本部に潜入した時ぐらいの緊迫感が感じられないのが惜しい。
なにより任務をスパイらしからぬ力づくで遂行していくところは、これ違うんじゃない?って感じだし、おまけにさんざん大暴れしてラストがいつになく地味~で、あらって感じで終わってしまった。
んん~、残念。

思い返してもあまりシーンが浮かんでこないんだけど、私の一番のお気に入りは、最後のほうでかなりの長回しでイーサンが全力疾走するシーン。
トム・クルーズのその本気の全力疾走に、私は思わず小さく拍手をしてしまった。
トム・クルーズ、あなたはほんとに頑張り屋さんです。
演技派に色気を出すこともなく、あくまでもハリウッドのトップとして、王道を貫く姿がまぶしい!

Amazonで『M:i:III』を観る

Prime video

Amazon.co.jp: ミッション:インポッシブル 3 (字幕版)を観る | Prime Video
第一線から退いて、諜報機関IMFの教官になったイーサン。だが教え子のピンチをきっかけに、彼は現役復帰を決意。強大な敵オーウェンが狙う“ラビットフット”の正体を探るが、イーサンの婚約者ジュリアを誘拐され...

DVD/Blu-ray

Amazon.co.jp: 映画 M:I:Ⅲ: DVD
DVD の優れたセレクションでオンラインショッピング。

コメント

タイトルとURLをコピーしました