女優『アネット・ベニング』おすすめ出演作品

出典元:https://www.amazon.co.jp/
アネット・ベニング

 1958年5月29日、米・カンザス州トピーカ生まれ。

サンフランシスコ州立大学で演劇を専攻、卒業後アメリカン・コンサバトリー劇団に参加し、舞台を踏む。

88年ダン・エイクロイドとジョン・キャンディ主演のコメディ映画「大混乱」で映画デビューを果たす。

90年の「グリフターズ/詐欺師たち」でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、さらに99年の「アメリカン・ビューティー」でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。
どちらも結構ハードな役どころでしたね。

 私にとって特に印象的な作品は、「真実の瞬間」と「心の旅」です。
このときはどちらも普通の主婦役で、演技がとても自然でいてさりげなく、とっても素敵な女性を演じていました。
この2作品でかなりの高感度アップでした。

そして04年の「華麗なる恋の舞台で」、10年の「キッズ・オールライト」で3度目のアカデミー主演女優賞にノミネートされましたが、またしても受賞はなりませんでしたねえ、残念。

 91年の「バクジー」での共演をきっかけに、プレーボーイで名をはせたウォーレン・ビューティーのハートをゲットし結婚、現在は4人の子供の母となっています。

アネット・ベニング 出演映画 おすすめ5選

私の独断と偏見で、アネット・ベニング出演の大好きな映画作品を選んでみました。

グリフターズ/詐欺師たち

製作年/製作国/上映時間:1990年/アメリカ/109分
おすすめ度 ★★★☆

 まだ舞台女優として知られていたアネット・ベニングが抜擢され、体当たりで演じた小悪魔的な詐欺師の役がとてもキュートで、翌年「真実の瞬間」や「心の旅」、「バクジー」と立て続けにご存じのビッグネームたちと共演するようになります。
私もそうですが、だいたい後の方の作品から彼女を見ることになるので、さかのぼって見る本作の過激な役柄はかなり衝撃的です(^^;)

 本作でアネット・ベニングは第63回アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされました。
ちなみに受賞したのは「ゴースト/ニューヨークの幻」のウーピー・ゴルドバーグでした。

 オープニングからちょっとB級のコメディ感も感じさせた作品でしたが、原作のジム・トンプソンが書く小説の主人公は、全員地獄へ落ちると言われるように、かなりハードなクライム・サスペンスになっています。

映画『グリフターズ/詐欺師たち』レビュー ★★★☆
出典元: あらすじ  競馬場にやってきたリリー(アンジェリカ・ヒューストン)は、掲示板のオッズを確認し、そのオッズが一番高い馬券を大量に購入することで、その数字が下がっていくのを確認する。一方バーにや...

心の旅

製作年/製作国/上映時間:1991年/アメリカ/106分
おすすめ度 ★★★☆

 ニューヨークの敏腕弁護士ヘンリーは、周りに尊大で家族も顧みない男だったが、ある事件に巻き込まれ頭と肩に銃弾を受け、口もきけず体も動かせず記憶もすべて失ってしまう。
気のいい介護士ブラッドレーと困難なリハビリを続け、体の自由を取り戻していくが、記憶の戻らないヘンリーを妻のサラと娘のレイチェルの支えにより、新たな人生を歩き始める。

記憶を失ったヘンリーを、献身的に支えていく妻のサラ役を演じるアネット・ベニングの、抱きしめたくなるほどのか弱さといじらしさが絶品です。

映画『心の旅』レビュー ★★★☆
出典元: あらすじ  ニューヨークのエリート敏腕弁護士ヘンリー・ターナー(ハリソン・フォード)は、この日も法廷で過失により告訴された大病院の弁護に立ち、言葉巧みな弁論で見事に被告側勝訴を勝ち取る。仲間...

アメリカン・プレジデント

製作年/製作国/上映時間:1995年/アメリカ/114分
おすすめ度 ★★★☆

https://amzn.to/3Q8zjrz

マーズ・アタック

製作年/製作国/上映時間:1996年/アメリカ/106分
おすすめ度 ★★★☆

https://amzn.to/3CgnbPH

アメリカン・ビューティー

製作年/製作国/上映時間:1999年/アメリカ/122分
おすすめ度 ★★★☆

アメリカン・ビューティー [Blu-ray]
アメリカン・ビューティー

Amazonで『アネット・ベニング』出演作品を観る

Prime video

Amazon.co.jp : アネット・ベニング

DVD/Blu-ray

Amazon.co.jp : アネット・ベニング

コメント

タイトルとURLをコピーしました