映画『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』レビュー ★★★

出典元:https://www.amazon.co.jp/

あらすじ

 あれから6週間、マーク(コリン・ファース)とラブラブの時間を過ごすブリジット(レニー・ゼルウィガー)。
どんなにドジっても、暖かくブリジットを包むマーク。
何もかもが幸せいっぱい・・・だった。

お互いの世界の不釣合いを実感していたところへ、ある日突然マークに浮気疑惑が持ち上がる。
そこへさらに追い討ちをかけるように元彼のダニエル(ヒュー・グラント)がちょっかいを出してくる。
たちまち二人の間は大ピンチ!ブリジットに再び幸せはやってくるのか?

作品データ

  • 製作年/製作国/上映時間:2004年/イギリス/107分
  • 監督:ビーバン・キドロン
  • 脚本:ヘレン・フィールディング/アンドリュー・デイヴィス/リチャード・カーティス/アダム・ブルックス
  • 原作:ヘレン・フィールディング
  • 音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
  • キャスト:レニー・ゼルウィガー/ヒュー・グラント/コリン・ファース/ジム・ブロードベント

レビュー

 きれそうなわたしではなく、ほんとはちきれそうな姿になって、あのブリジットが帰ってきた(笑)
イギリス産のロマンティック・コメディ「ブリジット・ジョーンズの日記」の続編、『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』のDVDを発売日に早速購入。
特典付きってシールが貼ってあったんで、楽しみにレジに持っていくと、可愛らしげなビニールのポーチを貰いました・・・・・・ハハハ、ちょっと恥ずかしい(^^;)

 いきなり登場したレニー・ゼルウィガーの、どうしてここまでふっくらする必要があったのか、というぐらいにポッチャリしてしまった姿にしばし唖然(笑)
かなり先が心配だったが、前回よりさらにパワーアップしたオッチョコチョイぶりに、お馴染みのトホホ顔でいつしかそんな体型も愛らしくなる。
それいけ!ブリジット!!

出典元:https://www.amazon.co.jp/

笑いの方もかなりアップしたが、前回と監督が違うせいなのか、そのオッチョコチョイ振りが前作もかなり無理があったけど、本作はそれがなんだかあざといんだなあ~。
こういうことさせといたらバカ受けだろう~みたいな。
結局ただ一人でジタバタしてるだけだし、その前向きというか能天気ぶりは前作とちょっと違うかなあ。

 前作ではその笑いの中にも、切なさとかいじらしさがあったような気がする。
観終わった後の幸せ感も前作の方がよかったな。
ほんと続編は前作を越えることは難しいってことですか。

 そして私の一番のお気に入りは、やっぱりマークとダニエルの喧嘩のシーン。
その情けない喧嘩っぷりは今回も健在です。
映像特典のメイキングでもこのシーンに関する、ヒュー・グラントとコリン・ファースのインタビューが入っており、そこでのコメントもかなり可笑しいです(笑)

なんだかそのオッチョコチョイ振りがスティーブ・マーティンを観てるようで、レニーには女スティーブ・マーティンの称号を与えたいと思います(爆)

あとこのレビューを書いているときに分かったんだけど、2016年にさらに続編の「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」が公開されていました。
機会があったら観よう・・・かな(^^;)

Amazonで『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』観る

Prime video

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 (字幕版)
ぽっちゃりして冴えない独身女性ブリジット・ジョーンズが繰り広げるロマンティック・コメディの続編。恋人をゲットして幸せをつかんだ彼女が自ら難題を招きながら恋のゴールを目指していく姿を描く。監督は「3人の...

DVD/Blu-ray

Amazon.co.jp: 映画 ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 ビーバン・キドロン: DVD
DVD の優れたセレクションでオンラインショッピング。

コメント

タイトルとURLをコピーしました